スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃車 ディーラー

事故って修理のためにディーラーに持って行くと、エンジンなどの場合はこれは修理にウン十万円かかります。という時があります。 だったらそろそろ新車のタイミングなので廃車にしてください。 という場合には注意が必要です。

ディーラーさんはそもそも新車を販売するプロですから、事故車の廃車は得意ではありません。そのため手続き自体に怪しいときがあるんですね。 解体業者に丸投げする場合、『委任状』と『譲渡証明書』だけ記入してください、なんて時もあります。

手順としてはあっているのですが、車検や税金の還付などは面倒なので、ほぼ引き取りとしてしまうことも多いそう。ヘタすると廃車に料金がかかったりするんですね。

なんどもお伝えしていますが、廃車に料金はかかりません。 いや正確には手続きを行わずに買取専門業者に売った方がお金になります。 その場合最高値に売却した方が良いので、一括査定で見積もりしてもらうと損しないわけですね。 事故車でも買い取ってくれるので大丈夫なんですよ。

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 ディーラー スクラップ

廃車 代車

事故なので廃車になった場合の代車は、保障の問題になるので保険の契約次第でしょう。善意で空いている車を貸してくれる場合もありますが、厳密なルールはありません。 あとは人間関係でどうにかなったりしますが、ここらへんの交渉は本当に運任せに近いですね。

自分で廃車にする手続きの場合は、レンタカーや友人から借りるなどすればしのげますね。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 代車 レンタカー

廃車 バイク 再登録

廃車にしたバイクの再登録は、近くの市町村にて手続きできます。 友人からもらったり個人間売買で手に入れた場合など、新たに所有者となるには再登録の手続きが必要です。

これを怠ると事故や事件があった場合に、あらぬ疑惑の対象になって保険の支払いに影響を与えることもありますので、速やかに手続きしておきましょう。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 バイク 再登録

廃車 部品取り

廃車にする場合に、ある部品だけを取っておいて欲しい時ってありますよね。 追加したカスタムパーツを次の車に引き継ぎたいとか。 その場合、ディーラーの下取りなどはムリなので、解体屋さんに依頼することになります。

ただ、よっぽど効高価か希少な部品でもない限り、解体して部品取りをするよりは高額買取で売却して新たにパーツを購入した方が手間も少なく確実だったりしますけどね。 乗りつぶした中古車は廃車にするしか無かった頃のなごりと言えるでしょう。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

tag : 解体屋 廃車 部品取り

廃車 注意点

廃車の注意点は、市場価値がある車を処分して損をしないことですね。 10年程度の車なら廃車の手続きをするよりも、売却した方がプラスになります。

廃車の手続きでの注意点は、車両本体の処分(解体)。譲るなら名義変更をしっかりとやっておかないと、事件や事故、違反の場合に所持者があなたのままというリスクもあります。個人売買を装った確信犯のいるので注意が必要です。

書類に関しては記入漏れも間違いもなく、陸運局なりに最短時間で処理できるようにしておくことです。ヘタすると謄本などが不足して何度も通うハメにならないようにしましょう。

これらのリスクが無いので、一括査定で損をしないようにする方が圧倒的に多いのです。

テーマ : 中古バイク情報
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 注意点 陸運局

廃車 原付

原チャリを廃車にする場合は、近くの役所に手続きを行うだけです。自分が行えない場合は委任状によって代理人に依頼することも可能です。 ただ書類上の手続きを行うだけですので、原付バイク本体の処分は別に必要です。

オークションや個人間の売買でも同じですね。 原チャリ本体と登記上の手続きの2つが必要なのです。

テーマ : 中古バイク情報
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 原付 バイク

廃車 還付

廃車にする際に、普通自動車の自動車税については還付があります。 軽自動車の場合は一括納付で返納はありません。 廃車手続きをすると「自動車税」「重量税」「自賠責保険」の未使用月分が対象です。

つまり還付金は払いすぎていた税金が戻ってくるだけですね。 しかも陸運局でめんどうなことを調べる必要があります。 抹消手続きを行った日又は引取報告を行なった日のどちらか遅い日の翌日です。なんのこっちゃわかりませんね。

しかもこれで車検の日付や税金を調べても、せいぜい3万円くらいです。 これに解体費用やリサイクル料を考えると、中古車として売った方が損しなくて済む場合がおおいんでしょうね。

あくまで払いすぎていた税金などが多すぎる場合に還付されるだけ。それも廃車手続きをするより、売った方が得する場合が多いってことですね~。

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 還付 自動車税

廃車 費用

廃車にかかる費用は、原付なら登録してある市区町村役所の原付担当課っぽいところで無料でできます。
自動車の場合も陸運局、軽自動車検査協会へ申請します。こちらは税金の調整がありますね。普通自動車なら返還される場合もあります。

そしてどちらの場合も、残った車両を処分する必要があります。 友人などに譲るなり、解体業者に依頼するなどの必要があります。

このため最近では、廃車の手続きをせずに、バイクも車も中古車買取業者に売ってしまうのがほとんどです。 手間も時間もかからずに、多くの場合はお金を払うどころかもらえます。 プロなので手続きの不備も無いので安心ですしね。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 費用

廃車王

廃車を考えた場合、廃車王かくるマックあたりを検討する方も多いでしょう。 廃車に限らず車を売却するときには、より多くの業者に見積もりをとって金額の確認をしたいところです。

たまたま車種が余っているところや、作業を行うだけの場合などで、金額にばらつきがあるからです。 お金をもらえるはずだったのにお金を払う羽目になる。 このような損をしないためには、何社かの査定で必ずチェックしておきましょう。

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車王 廃車 中古車

軽自動車 廃車

軽自動車を廃車にする場合は、大きく3ステップの作業が必要になります。 一般的に乗らなくなった車の場合は、【1】解体作業、【2】廃車手続きに必要な書類などを収集する、【3】軽自動車検査協会にて、廃車手続きを行います。

つまり最低3か所に出向く必要があり、それぞれ書類などで手続きを行います。 また自動車の解体費用や自動車リサイクル料金などもかかってくるので、1万円~ 程度の費用は考えておきましょう。

時間も手間もお金もかかるのか・・・ と思いますよね。 そこで人気なのが、廃車を買取業者へ売ってしまうのが人気です。 軽自動車でも廃車にすれば数万円。 売れれば逆に数万円のお金になりますから。


廃車寸前の軽自動車がいくらになるか? 下記のサービスから、スグに金額がわかります。最悪無料でも引き取ってもらえれば、廃車の費用は無料で済むってことですね。


テーマ : 軽自動車
ジャンル : 車・バイク

tag : 軽自動車 廃車 買取

このページの先頭へ廃車 トップへ|[PR]

カテゴリ
最新記事
おすすめ

おすすめ通販

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。