スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃車 復活

一時末梢の手続きをとっておいた車両は、復活の手続きができます。

廃車手続き時に、一時的な廃車(税金などの問題)を行ったはずなので、同様に陸運局なりに届け出て復活するだけです。

でも先日の台風でも豪雨で水没したなどの場合は、車両自体が復活できないかもしれませんけど。
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 復活

廃車 代金

廃車にかかる代金は、車両にもよりますが基本的には2つです。
車両本体の処分費用(解体業者)と、リサイクル料などの手続き上の代金です。

車両本体は譲ったり、無料で引き取ってくれる業者が見つかればほぼ無料ですね。
でもリサイクル料だけでもは1万円~ ※排気量などによって増加 かかります。

代金を払いたくない、安く済ませたい場合は廃車にせず、中古車業者に売却するのがお得です。
数万円になれば逆に代金をもらえるので、臨時収入にもなりますしね。

いくらになるかは、業者やタイミングで変化するのもなので、一括査定サービスを利用して最高値で売る人が多いですよ。


テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 代金

廃車 代理

廃車の手続きを代理に行うには委任状が必要になります。 司法書士さんに依頼するか、役所のHPでも見てまず作成します。 そののちに、原付、バイク、普通自動車、軽自動車とそれぞれで対応が違うので、きちんと確認します。

原付なら最寄りの役所で済みますが、自動車類は陸運局や軽自動車協会などに出向いて手続きをすることになります。

ただ最近は代理で廃車手続きをするよりも、中古車買取業者にお任せする方が安くて早くて安心なので選択されることが多いですね。 一括査定などで金額を出してもらって、最高値の業者に売れば廃車の手続きも偉人状の面倒な作業もいらないですからね。

テーマ : お役立ち情報
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 代理

廃車 ディーラー

事故って修理のためにディーラーに持って行くと、エンジンなどの場合はこれは修理にウン十万円かかります。という時があります。 だったらそろそろ新車のタイミングなので廃車にしてください。 という場合には注意が必要です。

ディーラーさんはそもそも新車を販売するプロですから、事故車の廃車は得意ではありません。そのため手続き自体に怪しいときがあるんですね。 解体業者に丸投げする場合、『委任状』と『譲渡証明書』だけ記入してください、なんて時もあります。

手順としてはあっているのですが、車検や税金の還付などは面倒なので、ほぼ引き取りとしてしまうことも多いそう。ヘタすると廃車に料金がかかったりするんですね。

なんどもお伝えしていますが、廃車に料金はかかりません。 いや正確には手続きを行わずに買取専門業者に売った方がお金になります。 その場合最高値に売却した方が良いので、一括査定で見積もりしてもらうと損しないわけですね。 事故車でも買い取ってくれるので大丈夫なんですよ。

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 ディーラー スクラップ

廃車 代車

事故なので廃車になった場合の代車は、保障の問題になるので保険の契約次第でしょう。善意で空いている車を貸してくれる場合もありますが、厳密なルールはありません。 あとは人間関係でどうにかなったりしますが、ここらへんの交渉は本当に運任せに近いですね。

自分で廃車にする手続きの場合は、レンタカーや友人から借りるなどすればしのげますね。

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

tag : 廃車 代車 レンタカー

このページの先頭へ廃車 トップへ|[PR]

カテゴリ
最新記事
おすすめ

おすすめ通販

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。